警備員日記

警備員指導教育責任者によるコラム。警備業界資料。防犯・防災に関する資料。

セコム 東日本大震災企業の支援活動 2

業界最大手のSECOM(セコム)の
 
東日本大震の支援等活動について続報です。
 
自称、「社会システム産業」と宣言するだけあり、
 
警備業の枠を超えたセコムグループとしての取り組みをされているようです。
 
・発表日 平成23年3月16日付
 【報道資料】東日本大震災の被災地へ提携病院から医療救護
 セコム医療システム株式会社の提携病院である新東京病院と千葉中央メディカルセンターは、全日本病院協会と日本医療法人協会の要請を受け、医師・看護師・臨床工学技師・事務など各病院、4名ずつの医療関係者を派遣。
 派遣先:公立気仙沼総合病院(宮城県気仙沼市)、花巻空港 等
 詳細(外部リンク):
 http://www.secom.co.jp/corporate/release/2010/nr_20110316.html

・発表日 平成23年3月24日付
 セコム医療システム(株)の提携クリニックが被災地でボランティア診療を実施
 セコム医療システム株式会社の提携クリニック「いずみ往診クリニック」は、3月14日~15日の2日間、ボランティア診療を実施
 診療場所:仙台市立七北田小学校、仙台市立七北田中学校
 詳細(外部リンク):
 http://www.secom.co.jp/news/pdf/info110324-1.pdf

・発表日 平成23年3月31日付
 セコムグループの緊急災害医療援助チーム“SDMAT”の開始について
 セコム医療システム(株)と、セコム医療システムの提携病院(全17病院)は、2011年3月11日(金)に発生した東日本大震災で被災された方々に対する緊急災害医療援助チーム“SDMAT”(Secom Disaster Medical Assistance Team)を発足。
 “SDMAT”は、セコム医療システム(株)の提携病院に在籍する医師1名、看護師ほか医療職3名、調整・連絡1名の計5名を標準のチームとし、複数のチームが交代で今回の震災被災地の医療施設や避難所などにおける緊急災害医療支援を実施。
 派遣活動:
 平成23年3月26日“SDMAT”先遣隊が宮城県三陸町に向けて出発
 平成23年4月26日“SDMAT”の派遣終了
 先遣隊から第6陣まで、計42名を宮城県南三陸町へ派遣。
 詳細(外部リンク):
 http://www.secom.co.jp/flashnews/sdmat/index.html

・発表日 平成23年4月25日付
 【報道資料】「セコムの食」が「東北応援特集」サイトを開設し、被災地を支援
 「セコムの食」は、東日本大震災の被災地を支援するため、4月26日(火)からWebサイト上に東北地方の生産者にフォーカスした「東北応援特集」を開設。
 東北地方の商品を積極的に販売支援。
 詳細(外部リンク):
 http://www.secom.co.jp/corporate/release/2011/nr_20110425.html
 特設サイト(外部リンク) 東北の生産者にエールを! 東北応援特集
 http://www.secomfoods.com/info/tohoku/index.asp

・発表日 平成23年6月10日付
【報道資料】東日本大震災の被災住宅を「セコム・ホームサービス」で支援
 生活支援サービス「セコム・ホームサービス」では、比較的被害が少なく、公的支援の手が届きにくい被災者の方を対象にした、被災地限定の新サービスと、復旧・復興に有効な既存のサービスの特別割引を、6月10日から12月末までの期間限定で開始。
 詳細(外部リンク):
 http://www.secom.co.jp/corporate/release/2011/nr_20110610.html