警備員日記

警備員指導教育責任者によるコラム。警備業界資料。防犯・防災に関する資料。

モバイルフレンドリーに対応しました。

移転後より長らく休止中の当警備員日記ですが、

 このたびデザインを変更してモバイルフレンドリーに対応させました。

 今回の変更によりスマートフォン等の端末で訪問いただいた際、

 以前より幾分見やすくなったかと思います。


 今回の変更は、

 閲覧する際の画面の幅に応じてブログの幅調整を行うレスポンシブ化を行いました。


 スマートフォンが増える中、

 簡単なインターネットの閲覧では多くの方がスマートフォンを利用されていると思います。


 ブログからのリンク先であるホームページ「警備員の道」についても、

 今後同様にスマートフォンでも閲覧が快適となるよう、

 モバイルフレンドリーの対応を検討しています。


 今後ともブログ及びホームページをよろしくお願いします。

警備員日記 移転のお知らせ

 ご覧いただた警備員日記:http://keibi.ky-3.net/ は、

 平成23年8月21日をもって

 警備員日記:http://keibin.net/

 へ移転いたしました。

 新しいブログでは、

 全体に文字を一回り大きくし、記事内容を読みやすくしました。

 また、記事毎にmixi・はてなブックマーク・Facebook等のアイコン設置。

 各ソーシャルネットワーク(SNS)との連携をしやすく改善しました。

 SNSアカウントのお持ちの方は、ぜひご利用下さい。

 ポチッと押していただけるだけで、励みになり大変ありがたいです。


 今回、ブログ内にて使用するアイコンを増やしたため、

 表示速度がこまでより遅い感触があります。

 これについては今後、出来る範囲で改善したいと考えています。


 リンク設置していただいているサイト管理者におかれましては、

 お手数ですがリンクの変更をお願いします。


 今後とも警備員日記を宜しくお願いします。

 なお、この旧ブログは今後廃止せずに放置する予定です。


 管理人 とある警備員指導教育責任者

警備業・探偵業の行政処分の公表基準見直し 通達


 平成23年7月

 警察庁生活安全局は、

 警備業法及び探偵業の行政処分の公表基準を見直す通達を出しました。


 警備業の行政処分の公表は、 従来では営業停止処分の公表のみでしたが、
 ・認定の取り消し
 ・指示
 ・営業停止命令
 ・営業廃止命令 へと、公表範囲が拡大。

 また、従来では処分理由について公開されませんでしたが、
 ・認定証番号又は届出証明書番号
 ・被処分者の氏名(法人にあっては、その名称及び代表者の氏名)及び主たる営業所の所在地
 ・当該処分に係る営業所等の名称及び所在地
 ・処分内容
 ・処分年月日
 ・処分理由及び根拠法令 へと、公表内容も拡大。
 処分理由についても公表されるようになりました。

 これらにより、

 行政処分について警備業者から見ると、

 これまで営業活動に直接の影響が割と小さかった指示処分等についても、

 公となることでこれまで以上に影響が大きい物となります。

 警備業者の公安委員会等の対応担当の方は、より十分な対応が求められますね。


 詳細(通達内容全文)は、
 外部リンク:群馬県警察 生活安全部
 警備業法及び探偵業の業務の適正化に関する法律に基づく行政処分の公表基準
 http://www.police.pref.gunma.jp/seianbu/01seiki/kouhyou.pdf
 ※通達分の全文は、あまり公になるものではない気がします。
 早々にリンク切れになるかもしれません。その際は、ご容赦下さい。

 行政処分に関する前記事:警備業の行政処分基準について
 http://keibi.ky-3.net/Entry/85/
 

平成23年度上半期 犯罪件数が減少 治安回復へ


 警察庁より平成23年上半期の犯罪統計資料が発表されました。

 平成23年上半期の刑法犯認知件数711,837。

 前年(平成22年上半期)、刑法犯認知件数766,618に対して7.1%減少しました。

 この警備業界でお世話になっている者として、

 治安回復は業界規模の縮小すら予想しかねないことであり、

 素直に喜べない気持ちもあり複雑な思いです。


 6億円強奪事件の記憶が新しく、

 東日本大震災の被災地における盗難などの印象から、

 犯罪が決して少なくないと感じる上半期でしたが、印象と実態には差があるものですね。

 なお、犯罪の認知件数の減少傾向は続いており、

 国策として取組んだ緊急治安対策プログラムは確実に成果を上げているようです。


以下、各年度の上半期の犯罪認知件数等
・平成23年上半期
認知件数711,837  検挙件数223,662  検挙人員146,585

・平成22年上半期
認知件数766,618  検挙件数241,090  検挙人員154,611

・平成21年上半期
認知件数837,587  検挙件数262,347  検挙人員158,914

・平成20年上半期
認知件数878,674  検挙件数277,465  検挙人員163,191

・平成19年上半期
認知件数925,239  検挙件数289,399  検挙人員173,734


外部リンク:警察庁 犯罪統計資料 2011年7月15日発表 
http://www.npa.go.jp/toukei/keiji35/hanzai2011.htm

6億円強奪事件の見つかった現金とその後

 東京都立川市の日月警備保障立川営業所で現金約6億円が奪われた事件。

 事件から早3ヵ月。

 捜査による犯人逮捕等のニュースのまとめです。

 平成23年8月8日現在、

 強奪された5億9953万1209円。

 内、見つかった現金は約2億3000万円。となっています。


 

<以下、各ニュースより抜粋>
 ・産経新聞 2011年8月2日 7時55分 記事
 「6億円強奪 元組員知人宅に1億5000万 蔵匿容疑で新たに3人逮捕」
 強盗致傷容疑などで逮捕された住所不定、元指定暴力団山口組系組員、佐久間努容疑者(37)の知人宅から、約1億5400万円が発見されたことが1日、捜査関係者への取材で分かった。発見された現金は計約2億3千万円となった。

 ・毎日新聞 2011年8月1日 19時41分 記事
 「<6億円強奪>新たに1億5400万円押収 残りの行方追及」
 警視庁立川署捜査本部は1日、逮捕された元指定暴力団山口組系組幹部、佐久間努容疑者(37)の知人男性の横浜市の自宅で、新たに約1億5400万円を発見し、押収した。被害金の一部とみている。容疑者グループ周辺から押収されたのは約2億3000万円になり、捜査本部は残りの行方を追及している。

 ・毎日新聞 2011年7月31日 19時23分 記事
 「<6億円強奪>6人目容疑者逮捕 滞在先に6000万円」
 警視庁立川署捜査本部は31日、指名手配していた指定暴力団山口組系暴力団元幹部、佐久間努容疑者(37)を強盗傷害容疑などで逮捕した。滞在していた栃木県内の短期賃貸マンションから奪われた金の一部とみられる現金約6000万円を押収した。捜査本部は現金運搬役とみられる佐久間容疑者が、発見されていない現金の行方について知っているとみて追及する。逮捕者は計6人となった。

 ・産経新聞 2011年7月31日 12時13分 記事
 「6億円強奪、公開手配の元組員を逮捕 現金6千万円を所持」
 警視庁立川署捜査本部は31日、強盗致傷容疑などで、全国に公開手配していた住所不定、元指定暴力団山口組系組員、佐久間努容疑者(37)を栃木県内で逮捕した。



前記事:日月警備保障 営業停止処分 現金輸送から撤退へ
http://keibi.ky-3.net/Entry/126/